D600が中国の消費者の日に・・(^^;

3月15日は、中国では消費者保護の日で、ニコンD600が取り上げられて、報道されたらしいです。
日本でもニュースになっているのですが、中国人の知人に教えてもらいました(汗

確かにD600のオイルスポットのダストは凄いのですが、私もニコンに送ってシャッターユニットを無料交換してもらって、
更に最近のアナウンスでも、センサークリーニングが保証期間を過ぎた場合無料で対応してくれるようになりました(^^)

サービスセンターはもとより、工場への送付についても、着払いOK(保証期間外でも)で送付が可能になりました!
通常ニコンに工場へ送る場合は、

・送料負担して配送便で送るか、
・ニコンピックアップサービスを利用(送料無料)して送るか、

のどちらかですが、配送会社に着払いで送ってもOKになった上で、前述のとおり保証期間外でもOKなのは嬉しい(^^)

一応、そのアナウンス前に、保証期間終了間際に一回メンテで入院させてクリーニングしてもらったのですが(^^;

唯一は、中古の買取価格が下がるなぁ~って思ってます(^^;まあ仕方ないですね、フルサイズにしては普及機なので(^^;

先日、D700を最近売ったという知人は、キタムラですら7万円で買い取ってくれたというくらい名機です。
キタムラ価格は中古価格の半額なので、
今のD600が売って、もしや7万・・・もしくはそれを切るかもですね。

ちなみに、その中国ニコンD600の報道だけは日本でも凄いのですが、
その消費者保護の番組では、中国の自動車メーカーの燃費の検査の裏側も取材がはいって、
うその燃費であるという事が、隠しカメラ撮影した証言を報道されたようです。
燃費の再検査が徹底指示が下りたとか・・・

色々と騒ぎになる3月15日らしいですね(^^;
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント