D610を利用して

D600からD610にして、スイミングの大会では撮影しましたが、
この前の週末、秋ヶ瀬でのスナップと夜のお祭り撮影で、
いよいよ普通の撮影でデビューしました。

この610は本当にD600のマイナーチェンジです。
新機構・新技術は殆どありません。
良くて静音連写モードくらい。。

後は、画調が黄色味掛かる傾向にある画像処理エンジンを
アップデートし、センサーのダスト対策をしたくらい。

という訳で、凄く良い感じです。

D600を派手に使い込んだ私は、D610が実に軽快に思えます。
黄色味が出る傾向を本当に実感してたので、
今のD610の出てくる画はまったく別物です。

しっかりマイナーチェンジしています。
そして各部もスペックに出てこないですが、
タイのニコン工場での工程の習熟もあがったのか、
各部の組み付けもしっかりしています。

前のD600では、レンズの取り外しボタンですらガタツキがあって、
ニコンの日本工場で組みなおしてもらいました。
今のD610は各部操作も快適です。

このセンサーは、ニコンも使うセンサーだったので、
このマイナーチェンジでしっかり熟成させた感じが良く分かります。
秋ヶ瀬で撮った単なるスナップが本当に感動するような印象に仕上がっていて、
オートホワイトバランスも含めて、実に良い感じです。

じゃんじゃん家族で子供の撮影には使おうと思っています。
そして、趣味の撮影はD2Xと分けています。
えっと、今週末は子供のスイミングの大会なのでD610です。
フルサイズ2400万画素では秒6コマは、5D3と並んで最高スペックという事に成っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント