モビリオスパイクの車中泊のススメ

モビリオスパイクでは、車中泊が出来るらラゲッジルームが作れる事が特徴ですが、
どのように使うか・・をご紹介しましょう。

後部座席を畳み込むと、5ナンバー車とは思えない広い空間が出来ます。
そして、ほぼフラットな荷室。
ほぼ・・・・というのは、本当に少しですが、段差が出来ます。

そこに一般のマットレスを敷きます。(2~3千円くらいの)
それだけで、もうOK!
そして、布団を一時期は持ちこんでましたが、 その運搬が面倒なので、
極寒地用のシュラフ(寝袋)を用意しました。
まあ、これもアマゾンで1万円以内でした(^^; が、ちゃんとモンベルのです。

夏場に限り、一般的なシュラフでも大丈夫です。(こちらはホームセンターで1000円で買えるもの(^^;)
冬から春・秋にモンベルのシュラフを使うとき、この安いシュラフは枕になります。それもまた良い感じ(^^;

そしてモビリオスパイクは1800mmの空間が出来ますが、運転席側との接点には空間がありますので、
頭は、テールゲート側に、、そして足を運転席側に向けると良い感じになります。

一人での車中泊なので、人間一人分楽々空間は、ラゲッジルームの半分でOKだと思うので、
もう半分に荷物などを置いておけばOK.。

一番は、ベッドメイクは旅の出発前に。
就寝時間になると、運転疲れや、夜で暗かったりと、ベットメイクは面倒なのです。
そんななので、出発前に作っておけば大丈夫です。

大事なのは、日帰り温泉・立ち寄り湯・スーパー銭湯:風呂はやっぱり旅には必須です。
と、
やっぱり駐車スペースです。
・道の駅
・高速のPA・SA
・大型コンビニ
・(情報があれば)24時間駐車場があいている大型ショッピングモール
・有料駐車場

などです。
まあ、トイレや水場を考えれば、道の駅か高速のPA/SAがおススメです。
コンビにでもトラックが就寝している場所であれば、コンビニ側も慣れているので、
大丈夫でしょう。

サンシェードやカーテンも必要と言う人は用意しますが、
私の場合は慣れてしまって、何も無し・・・ですが、
唯一、リアの天井に棒を通してハンガーで衣類を掛けていますので、
それがカーテン代わりになります。
頭はテールゲート側になりますので、良い目隠しです。

とまあ、これから夏に掛けては、暑くなるので、まどの締め切りが出来ない時期は、
辛そうなので、おススメできませんが(^^;;

さて、今日は子供と蔵の湯に行って来ましたが、
いつもの鶴ヶ島店ではなくて、東松山店に行って来ました。
たまには雰囲気を変えつつ、同じシステムなので楽でした(^^)
子供ともどもゆっくり休めました。
子供も、運動会の練習があるので、忙しそうです。
来週末は晴れるかなぁ~
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント