今期初サンコウチョウ!

サンコウチョウのタイミングを見計らっていました。
営巣して卵が孵化してから、子供に給餌するタイミングでサンコウチョウに行こうと思ってたけど、
このまず現状の状況と、場所の確認に行こうと思っていってきました。

曇りの本日、数名のカメラマンが居たものの、平和で静かな撮影が出来ました(^^)

が、シャッタースピードは上がらずに、1/40~1/60で撮影していました(^^;;
しかし、この速度でも撮影できる恩恵は、マンフロットのビデオ雲台にあります。
本当にこの雲台で野鳥撮影が変わりました(^^)

で、この雲台を現場に持ち運べるようになったのが、先般購入したGITZOのカーボン三脚です。
私が行ったフィールドでは一般的となっている駐車場は避けて、遠い湖の湖畔のオフィシャル駐車場に停めて、
地味に歩いて現場に向かいましたが、
カーボン三脚のお陰で、全然楽でした(^^)

前のアルミ三脚では、佐野のフラワーパークでは平地を持ち歩くだけでもボロボロになるほど辛かったのですが、
今回は往復の道中、全然問題なかったです。
カーボン三脚でも、3シリーズで十分対応出来る事が確認できました(^^)

そして、まだオス・メスが交代で抱卵しているので、
メス→オスの交代するときの一瞬、巣の脇に止まるのがチャンスです(^^;
オス→メスは、飛び出してしまい・・それまでなので(^^;

長い待ち時間と、一瞬のチャンスなので、RAWで撮影しました。
RAW撮影は久しぶり~
2400万画素のバッファーは少ないのですが、その一瞬で数枚しか切れないので、大丈夫です。

オス → メス →<チャンス>→オス

を2回撮影して、10時に切り上げて帰路に着きました。
駐車場まで歩いていき、靴の泥を落としたり、三脚やカバンの泥を落としたり・・
と、傘やカッパ等の予備の道具をしまって・・と、色々と片づけが出来るので、
この駐車場にしています。
トイレもあったり、水場もあるので、キッチリ片付けられます。
特に泥が多いフィールドなので、私はこの駐車場が便利と感じています。
カーボン三脚を購入できて本当にフィールドの幅が広がしました(^^)

行くときも、ここで全身に虫除けを吹いて、、など落ち着いて準備が出来ました。
先般買ったアンブレラステーの出番は、結局ありませんでした(^^; 出番は無いほうが嬉しいのですが(^^;

さて、帰宅してみると、ライトルームでD610のRAWが対応していません!!!!!
ライトルームは、アップデートを無視していたので、、、iPhoneのデザリングでPCのインターネットを使っているので、
月間7Gの中、アップデートが800Mとかで困っていたのですが、、、イザD610のRAWが使えないとなると・・・
速攻でダウンロードです!
直ぐにアップデートできました、960Mくらいダウンロードしました(^^;;;
(今月末が怖いです(^^;;))

その前に、Nikon NX-Dの初期版で現像してみましたが、凄い遅く・・・とても使い物になりませんでした。
(アップデートは繰り替されているので、今のは分かりませんが・・)
そんなんでライトルームは使えるようにはなりました(^^)

さて、そんなんでサンコウチョウです。

DSC_0911 (1280x853)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント