35mmレンズの更新必要性・・を考えた

大のお気に入りの35mmF2D
このレンズは軽量というメリットにF2という明るさで、
どこにいくにも、レンズキャップ的な感じで装着しています。

フィルターは、Kenko Zetaを装着し、レンズキャップは付けていません。
そんなんで、サッと撮影できるメリットもあり、気に入っています。

しかし、このレンズは絞り羽がオイルが滲み出るという欠陥?を備えていまして・・
2年前くらいに、一回清掃に出しているのですが、そろそろまた滲んできました。
8000円くらいだし、また清掃だそうかと思っているのですが、

35mmF1.4は最近大人気の画角らしく、

ニコン35mmF1.8
ニコン35mmF1.4 これは高い
シグマ35mmF1.4 半値だけど、描写力は良い
タムロン35mmF1.8 手振れ補正付

と出ています。
つい更新したくなってしまいますね~

でも、35mmF2Dのメリットである軽量というのが薄れてしまうと、防湿庫に眠ることになりそうで・・

あ、そういえば、アカショウビン撮影にも行ったし、ブッポウソウはスケジュール的に諦めていたのですが、
良いタイミングで、家族のスケジュールが空いて、日曜日に出撃できそうです!
これは嬉しい!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント